works

Gush 2001

2001年6月
第10回YOSAKOIソーラン祭りに参加しました。

Choreography:Makiko Yamamoto
Costume designe:Yoshimi Nishimura & Lisa Wakai
Concept designe:Hirotaka Kotone & Tohru Yoshida
Vocal:Hanako Ogawara with tohru yamashita
Photography:MITSUESAN & Takuya Yamaguchi

劇団てん第5回公演オリジナルミュージカル「伴走」

伴走2001年6月9日〜10日(新神戸オリエンタル劇場)
監修 藤本義一
演出 広瀬正勝
脚本 山本祐子
作曲 山下透
選曲 上原佳樹
衣裳 中川美子
出演 劇団てん
物語の軸は時代を駆け抜けた哲学者サルトルとヴォーヴォワールの恋と裏切り。
実にエンターティンメントにしがたいテーマ。
「哲学」を真正面から見据え、ミュージカルに仕上げてしまった広瀬マジックに脱帽です。

STAGE21「迷子の天使たち」

迷子の天使たち2001年2月17日〜18日(大阪メルパルクホール)
原作 藤本義一
演出 広瀬正勝
脚本 高橋由美子
作曲 宮川泰/作曲・編曲 山下透
STAGE21
大体このような素晴らしいスタッフで作り上げられたオリジナルミュージカルが、昨年のたったの2日間で幕を降ろしてしまった事は大変もったいないお話でございまして、普通であれば一週間、いや一ヶ月間のロングラン公演でもまったくおかしくないレベルのミュージカル(自画自賛を含む)でありだがしかしそれだからこそ瞬間の価値も高まる舞台芸術なのであり・・・失礼いたしました。
編曲・音源制作ばかりか、あの宮川大先生と並んで作曲迄つかまつっております山下透です。 藤本義一先生の探求する精神世界の旅を背景とした青春ラブストーリーミュージカル「迷子の天使たち」再演です。 数々の名ナンバーはラブストーリーだけに二人の主役達に負う所が大きいのも当作品の特徴です。
今年はスーパーエキセントリックシアターの宮内大くんをゲストに、迎え撃つはあくなき高レベルへの挑戦を続ける素晴らしさにこの僕も巻き込まれてしまいました『STAGE21』研究課生、林久美子。昨年のカップルは共にゲスト出演でしたが、今年は在校生からの抜粋です。
一瞬一瞬にすべての関係者の情熱が詰まっている密度の高いこの90分間の中で、出演する人達それぞれの道と情熱をどんな風にパフォーマンスしてくれるでしょう。それをイッチバン楽しみに、生きがいにまでなっちゃってるのは実はこの僕だったりする訳です。
※RTMメンバー谷川智宏も出演!

劇団てん第4回公演「WOMAN ーやさしく・強く・華やかにー」

WOMAN2000年10月6日〜9日(大阪・近鉄小劇場)
監修 藤本義一
作・演出 広瀬正勝
作・編曲 山下透
作詞 上原佳樹
出演 山口正義/劇団てん
主宰の広瀬正勝氏は、劇団四季を退団後、プロデューサーを経て1998年劇団てんを旗揚げ。
当作品はあるクラブに出演している女性パフォーマー達の過去や夢、女性としての業を描いた愛に溢れたミュージカルです。

藤城清治「動く影絵のファンタジー」

動く影絵のファンタジー2000年8月1日〜7日(東京芸術劇場)
13日(神奈川県民ホール)
藤城清治さんの『影絵半世紀の集大成』公演。第1部(初期の時代)で山下毅雄作曲による「泣いた赤鬼」「絵のない絵本」が再演されました。
第2部の「海に落ちたピアノ」を含む3作品を山下透が1部作・編曲し直して、幻想的な世界が繰り広げられました。
「絵のない絵本」ではメンバーのダリオやDiVaのマコリンが声の出演をしました。

Gush 2000

2000年6月
第9回YOSAKOIソーラン祭りに参加しました。

Choreography:Makiko Yamamoto
Costume designe:Lisa Wakai
Concept designe:Hirotaka Kotone & Tohru Yoshida
Vocal:masmine & UOMASA with tohru yamashita
Photography:Lisa Wakai

能藤玲子舞踊団フランス公演「RYUHYODENSETSU」

RYUHYODENSETSUjuillet 2000 Theatre du Casino(Aix-les-Bains)
Salle Rameau(Lyon)
Auteur original:HIROSHI KIKUCHI
Mise en scene:REIKO NOTO
Eclairage:AKIHIKO SASAMORI
Musique:TOHRU YAMASHITA
Regiseur:ISAO KIMURA
Costumes:TOMIKO OGASAWARA,RITSUKO KANNO

STAGE21「迷子の天使たち」

迷子の天使たち2000年2月19日〜20日(大阪厚生年金会館)
原作・監修 藤本義一
総合演出・振付 山田卓
脚本 高橋由美子
作曲 宮川泰/作曲・編曲 山下透
STAGE21
御挨拶をすると字数が足りないのでとうとつに失礼します。
そもそも国内で上演される完全なるオリジナルミユージカル、それもこの様な立派な劇場用に制作される物は数えるに足りません(小劇場シーンでは良い物があります)。
それも原作は御存知!!作曲は何とアノッ宮川泰先生!総指揮が日本ミュージカルの師っ山田卓先生!ゲストには元宝元四季のっ!そんな御歴々で制作される前代未聞の完全オリジナルミュージカルもオーケストラは用意できずそのオーケストラ役が宮川先生と共に一時代を築いて来た作曲家、山下毅雄ジュニアの私、山下透な訳です。責任重大です。
過去、石坂浩二さんの劇団等、十数本のオリジナルミュージカルに携わって来ましたが、この作品の規模は○宝ミュージカル並なのです!何故このようなクリエイトが可能なのでしょう。
本当の創作がしたくてそれを一緒に経験しようと声を懸けて時を懸けて実現して行く、それも超のつくスタッフで。
それをプロデュースしているのがこの学校のスタッフ、先生方の勇気と情熱なのです。
勿論ネットの広さ深さもプロデューサーの歴史が作るものです。イヤー驚いたっ。
本日はおめでとうございます。参加させて頂いた事に心から感謝しています。
それではマイオーケストラをプレイさせてみます。

能藤玲子創作舞踊40周年記念公演「鎮める太陽 三部作」

鎮める太陽 三部作1999年11月16日(北海道厚生年金会館)
演出 能藤玲子
創作 能藤玲子・能藤桃子・松原秀種
照明監督 武内昭二/美術・照明 笹森明彦
音楽 山下透
衣装 菅野律子・小笠原富子
舞台監督 木村功
制作 能藤玲子創作舞踊団

Gush 1999

1999年6月
第8回YOSAKOIソーラン祭りに参加しました。

Choreography:Makiko Yamamoto
Costume designe:Lisa Wakai
Concept designe:Hirotaka Kotone & Tohru Yoshida
Vocal:masmine with tohru yamashita
Photography:Takuya Yamaguchi & Toshiyuki Miyazaki